甲状腺の病気を防ぐ|がんも脳動静脈奇形もドクターの独壇場で即治療

医者

戦い方の種類を知る

医者

白血病の治療が必要な状態になった場合、いくつかの選択肢を検討できます。戦い方の種類を知るのは、医師と話をするにあたっても大切なことです。自分の状況を理解するためにも、よりよい決断のためにも、重要な知識です。

詳しく読む

甲状腺の病気を防ぐために

具合の悪そうな女性

甲状腺の病気は体に症状が現れにくく、気付かずに進行していくケースが少なくありません。痛みがほとんど生じない、というのも気付かない原因の1つと言えるでしょう。肌荒れが最近目立つようになったり汗をかきやすくなるというのも、甲状腺の病気である可能性があります。これらは更年期障害にも関係性があるので、よく見過ごされがちです。このような症状が顕著に出るようであれば、まずは専門の病院に行きましょう。これらの症状以外にも、動悸が頻繁に起こるようになったり、生理不順になったりといった症状が甲状腺の病気である可能性があります。何かあれば自分で判断せず、とりあえず病院で視てもらいましょう。

甲状腺は、のどぼとけのすぐ下にあります。重さが約18gあります。甲状腺は内分泌器官の1つであり、食物に含まれているヨウ素を材料にし、甲状腺ホルモンを合成しています。この甲状腺が何らかの異常をきたした場合、甲状腺の病気が発症します。主な甲状腺の病気には、バセドウ病や甲状腺機能低下症などが挙げられます。また、甲状腺ガンや良性腫瘍なども甲状腺の病気の一種です。甲状腺の病気を防ぐには、まずストレスを溜めないことです。ストレスの蓄積は、甲状腺機能低下症やバセドウ病の原因につながります。ストレスが溜まると、活性酸素が過剰に発生されます。これがあらゆる病気の発生原因となることがあるのです。定期的にストレスを発散させることで、甲状腺の病気を防げます。免疫力を高めることでも、甲状腺の病気を防ぐことができます。免疫力は、食品やサプリで高めていくとよいでしょう。

病気を完治させる

医者

人は遺伝や生活習慣によって体に様々な病気を発症させてしまいます。ほとんどの場合は医療機関で治療を受けることで完治できますが、病気によって治療法は異なり感知するまでの期間は異なります。

詳しく読む

治療に一筋の光

聴診器

「がん」と聞いて良いイメージを連想する人はいません。しかし、この世間的な常識を覆す治療法を提唱する医師が現れました。なるべく薬を使わず、患者の体からがんの因子を切り離すことで治癒に結び付けようという治療法です。

詳しく読む